とは

新型コロナウイルスの流行、
急速に進むデジタル化の波、新しい生活スタイル。

めまぐるしく変わる時代の中で、
ブライダルもまた新しい形に変わろうとしています。


これまで「当たり前」のことで「避けられない」と思ってきた、
受付での《混雑》や《現金でのご祝儀》受け渡し、
芳名帳への《個人情報の記入》。


これからの時代では《リスク》となりかねない
こうしたステップを見直し、
誰もが安心して心地よくパーティを楽しめる、
そんな新しい時代の結婚式を目指して
私たちが提案する第一歩。


それが結婚式受付無人システム「entele」です。
















従来の受付け

受付無人システムentele
ひとり
あたりの
受付時間
50~90秒 12秒
列席者の
個人情報
ご祝儀の管理
密集密接
の防止








1シンプル、使いやすい設計

enteleを利用するのに、
特別なアプリや機器は一切必要ありません。

メールアドレスとネットワーク環境さえあれば、
すぐにでも利用が可能!


ユーザー目線で考えられたシンプルで
使いやすいデザインだから、
機械の操作に不慣れな方でも戸惑うことなく、
スムーズにご利用いただけます。

PC、スマートフォン、タブレット等の
どのようなデバイスからでも利用でき、
専用アプリのダウンロードも不要です。


使いたいと思った時にすぐに使える、
それがenteleです。


※推奨環境、推奨ブラウザがあります。

2受付時間を約1/8に短縮

ウエディングパーティの受付では、
招待客をお迎えした後、ご祝儀の受け取り、
芳名帳への記入、席次表のお渡しなど、
さまざまな作業が必要となります。


従来のウエディングパーティでは、
招待客1人あたりにかかる受付の時間は50〜90秒。

この時間が、enteleを使えば
1人あたりわずか6秒で完了!
従来の約1/8にまで短縮できます。

招待客は、新郎新婦様から事前に届いた
QRコードをカメラにかざすだけ。

誰が来られたのか、システムで
瞬時に確認できます。

これでもう新郎新婦様が
「受付係を誰にお願いしようか?」
と頭を悩ませる必要も、
式場スタッフが受付係に作業内容を
説明したりする必要もありません。


招待客をお待たせしないだけでなく、
人の密集・密接も防げて安心です。

3招待客に想いを伝える仕組みも

ウエディングパーティ当日、
受付ではウエルカムボードの代わりに、
デジタルサイネージやタブレットに表示された
「ウエルカム画面」が招待客をお出迎えします。


到着した招待客がQRコードをかざすと、
画面には新郎新婦様から
招待客お一人お一人に向けて
1to1のメッセージが約5秒間映し出され、
その後「受付完了画面」に変わります。

「たとえ無人であっても、来てくれた方々への
感謝の気持ちはしっかり伝えたい。」

そんな新郎新婦様の想いにしっかりと答えます。


ウエルカム画面、メッセージの背景、
受付完了画面ともに、多彩なテンプレートが
用意されているので、
新郎新婦様がお好みのデザインを選んで
ふたりらしいウエルカム画像を
作ることができます。

ただの「受付」だけでは終わらせない
充実のコンテンツで、
心が通いあうウエディングパーティを演出します。

4ご祝儀はQRコードで簡単決済

従来のウエディングパーティでは、
ご祝儀の受け渡しは受付を担当する方にとって
大きなプレッシャーでした。

金額が大きいため受け取り後の
管理に気を遣ううえ、ご親族のどなたに、
どのタイミングでお渡しすればいいのかなど、
色々な事を気にしなければいけませんでした。


enteleではご祝儀の受け取りに、
大手のQRコード決済ブランドを利用できます。

招待客は事前にまたは当日の受付後に、
QRコードから電子マネーでご祝儀を
直接新郎新婦様に送金できます。


※ご年配ゲスト、障がいのあるゲストなど、
QRコードでの受付ができない招待客は、
式場スタッフが代理で決済可能。

5受付状況をリアルタイムで確認

これまでのウエディングパーティでは、
受付脇に常に式場スタッフがスタンバイし、
招待客の到着状況を
随時チェックする必要がありました。

あと何名来られていないのか、
まだ来られてない方が主賓なのか
一般ゲストなのかなど、細かな情報を逐一確認し、
インカムなどで他のスタッフに知らせて、
開宴時間などを調整しなければならず、
その人員も手間もなかなか大変なものでした。


enteleなら、受付の状況は新郎新婦様の
お手元にあるスマートフォンやタブレットで
リアルタイムに確認できます。


必要以上に開宴時間を遅らせることなく
スムーズにパーティを進行できるので、
無駄な待ち時間が発生することもありません。

















受付の密集が気になっていたのですが…

レストランやイベントなど、多人数の場が密回避のためにソーシャルディスタンスを実践する中で特に受付まわりの密集がすごい結婚式は気になっていました。 会場のパーテーションとか有るけど、受付なんとかならないのかな…と。enteleだとスマホ1台で簡単に受付できたし、密になることもなくスムーズに進んだので安心でした。


ゲストの声

時間と人員に余裕が生まれました

コロナ以前でも、受付係への説明は毎回必要でした。そのためにゲストには時間をとってもらったり、新郎新婦からの申し伝えとかもあり、当日バタバタすることも…。 特にお金の管理も非常にリスクが高く、不安も多かったです。enteleにすることで受付脇人数が減った為、多くのプランナーが他の業務にまわることが出来てとても助かりました。


ウエディングプランナーの声





















有人受付でかかる費用相場
芳名帳 5,000×両家分=10,000
祝儀入れ 結婚式場が無料で貸与
羽ペン 結婚式場が無料で貸与
受付係への心付 5,000×4名分=20,000
平均総額:¥30,000

費用以外にも…



受付の混雑がなくなり密回避!

現金管理のリスクなし!

受付時の心配事なし!





なら…


でかかる費用相場
芳名帳
×
祝儀入れ
×
羽ペン
×
受付係への心付
×
サービス利用料
¥18,000(税別)
+(有料貸出)
iPad本体レンタル料
¥6,000(税別)
総額:¥18,000~¥24,000